• 見守りサービスホームへ
  • サービス概要
  • ご利用料金
  • 店舗一覧
  • お申込みの流れ
  • よくある質問

サ高住の建設・登録をご検討中の事業者さまに見守りサービスのご提案

ビル群拡大を続けるサービス付き高齢者向け住宅市場。
最近では、家電量販店や飲食チェーン店などの異業種が参入してくる例も増えてきました。

このサービス付き高齢者向け住宅の市場ですが、社会の高齢化に併せて今後も右肩上がりの成長を続けることは間違いないと言われています。

とある民間調査会社が出したリサーチによると、サービス付き高齢者向け住宅の市場は2020年には9660億円規模にまで成長、施設数は1万7000件にも上る見込みだそうです。

ご高齢者さまの住宅需要がファミリーマンション需要を上回ったとも言われる昨今、不動産事業者や介護事業者はもちろんのこと、各業界が高齢者向け住宅に熱い視線を向けるのも当然のことなのかもしれません。

本日は、そんなサービス付き高齢者向け住宅への参入を検討されてる不動産オーナーさま・介護事業者さま向けに、より良いサービスを提供するための手助けとなるご提案をさせていただきます。

 

サ高住において、安否確認・生活相談窓口の設置は必須要件

サービス付き高齢者向け住宅を各都道府県へ登録することで、その事業者は改修費用の補助や各種税率の優遇といった行政支援を受けることができるようになります。

一方でその登録には、床面積が25平米以上であること、バリアフリー構造であること等といった、いくつかの登録基準を満たさなければなりません。

その基準の一つに「安否確認サービス・生活相談サービス」の提供義務があります。

居住者であるご高齢者さまが安心して暮らすためには必須の安否確認・相談サービス。登録基準の一つとしてあがるのも当然かと思いますが、いざ実際にサービスを提供するとなると、これがなかなかに大変です。

  • 機器の設置・運用その他に関する問題
  • 安否確認における居住者のプライバシーの問題
  • 緊急時の対応要員の確保の問題(特に夜間)

安否確認サービスを導入するには、これらの諸問題をクリアする必要があり、これがサービス付き高齢者向け住宅の登録にあたっての壁の一つとなっています。

 

見守りサービスとの提携で、安否確認・生活相談サービスにかかる負担を軽減!

この問題にお悩みの不動産オーナーさま・介護事業者さまに地域見守りサービスのご活用を提案いたします。

当サイトが紹介しております見守りサービスであれば、

  • 機器の設置・運用は地域見守り業者およびその提携企業が代行
  • 人感センサーを用いた見守りのため、居住者のプライバシーにも配慮した見守りが可能
  • 24時間対応のコールセンターと連携。もしもの時は迅速かつ適切に対応。必要に応じて緊急通報や駆け付け確認の実施も

といった具合に、安否確認・生活相談サービスの導入にかかる事業者さまの負担を軽減することができます。

また、専門の業者と提携を結ぶことで、ご高齢者へ提供するサービス品質の向上も見込めます。

安否確認・生活相談サービスの充実は、ご高齢者さまご自身およびそのご家族の安心に直結する部分ですので、ぜひともしっかりとした見守り業者と提携を結んでいただきたいところですね。

住宅運営される事業者さまの負担を減らしつつ、居住者さまに喜ばれるサービスの提供を可能とする見守りサービス。

サービス付き高齢者向け住宅の運営をご検討中の方は、ぜひ併せて見守りサービスのご活用もご検討ください。

 

見守りサービスポータルサイトでは、他にも見守りサービスに関する有益な情報を日々提供しております。ぜひ他の記事もご覧になられてください。

公開日:2015年10月16日  カテゴリー: | 関連キーワード: ,

関連記事

安心見守りサービスお問い合わせ・ご相談はこちら

資料請求はこちら

詳しい資料をご用意しています
お気軽にどうぞ!
資料請求はこちら

お問合せはこちら

些細なことでもお気軽に
お問合せください!
お問い合わせはこちら

申し込みはこちら

安心見守りサービスで
24時間サポートいたします!
お申込みはこちら
ご相談はこちら お急ぎの方はまずお電話を! TEL:0120-928-253 平日10時から16時まで
メール無料ご相談窓口
このエントリーをはてなブックマークに追加