• 見守りサービスホームへ
  • サービス概要
  • ご利用料金
  • 店舗一覧
  • お申込みの流れ
  • よくある質問

またも高齢者が狙われた? マイナンバー制度を騙る詐欺にご注意ください

今月の5日より番号通知が開始されたマイナンバー制度。
来年の1月からの運用開始に向けて着々と準備が進められています。

その一方で、マイナンバー制度を騙る詐欺が早くも横行しているようです。

既に現金を騙し取られる被害も報告されているとのこと。
残念ながら被害に遭われたのはご高齢者の方たちだそうです。

国勢調査でネット回答を実施したときもそうでしたが、新しい社会サービスが始まるタイミングというのは、それを悪用した悪徳詐欺業者が暗躍する時期でもあります。

「わたしは騙されないから大丈夫」

そう思われている方も多いでしょうが油断大敵です。

詐欺被害に遭われた方の大部分は、「自分だけは大丈夫」と思っていながらも被害に遭ってしまわれているのですから。

というわけで、詐欺被害に遭わないためにも、振り込め詐欺の傾向と対策をおさらいしておきましょう。

 

基本的かつ一番の対策は個人情報を他人に渡さないこと!

暗闇で電話をかける男性基本的な対策としては、電話や文書などで個人情報を求められても答えない、特に金銭の授受が絡む要求には応じないことが大切です。

これだけで振り込め詐欺被害の大部分は防ぐことができるでしょう。

悪徳業者は「○○すると還付金が~」「今日中に○○するとお得で~」などの甘い言葉であなたの個人情報を狙ってきますが、断固として応じない姿勢が必要です。

昨今では公的機関や大企業、警察組織や弁護士などの社会的権威な名を騙って詐欺をおこなう輩も増えてきているので要注意。

相手がもっともらしい身分を名乗ったとしても信じてはいけません。

少しでも疑わしいと感じた時は回答を保留し、警察の相談窓口などを利用して第三者の判断を仰ぐようにしてください。

 

マイナンバー詐欺の事例に学ぶ

前述した内容は、振り込め詐欺全般に共通する対策法ですが、では今回のマイナンバー詐欺ではいったいどのような手口が使われたのでしょうか?

実際の事例を確認しながら、対策を考えてみましょう。

 

マイナンバーを教えることは犯罪? マッチポンプ詐欺に巻き込まれてしまった事例

まずは今月6日に消費者庁が発表した70代女性の事例。

この女性の場合、公的機関の相談窓口を騙る人物から、偽のマイナンバーを通知されるところから詐欺がスタート。

その後、別の男性から電話があり、「公的機関に寄付をするためマイナンバーを貸して欲しい」と連絡があり教えてしまったそうです。

さらにその翌日。寄付を受けた機関を名乗る人物から連絡があり、「マイナンバーを教えることは犯罪。教えた記録を消すからお金を払え」と要求され、現金を渡してしまったとのこと。

この事件から学ぶべき教訓ですが、何をおいてもまずは「個人情報を第三者に教えないこと」ですね。

今回の事例では悪徳業者側が用意した偽のマイナンバーでしたが、これから正式なマイナンバーが通知されるにつれて、本物のマイナンバーを狙った詐欺行為も増えてくることが予想されます。

「行政手続きに必要だから~」などともっともらしい嘘を述べてくるとは思いますが、騙されて教えてしまわないように注意しましょう。

なお、公的機関や真っ当な企業が、マイナンバーのような重大な個人情報を電話口でやり取りすることは考えにくいです。

こういった知識をあらかじめ持っておくと、今回のような詐欺に出会った時でも最初の偽マイナンバー通知の時点でおかしいと気づくことができますね。

もう一つ注目すべき点としては、詐欺行為が組織化しており、それぞれの役割が分担されている点ですね。

今回の事例でも「公的機関を騙る人物」「寄付を申し出た人物」「寄付を受けたとする人物」の3名が登場しています。

役割を分担して別々に連絡を取ることで、一連の行為が詐欺であると気づきにくくするとともに、ある種のもっともらしさを演出しています。

実際の対応中にこの点に気づくことは困難かと思いますが、この手の複数の役割が登場するタイプの振り込め詐欺というのが最近はものすごく増えています。

知識の一つとして覚えておくと、もしもの時に役に立つかもしれません。

 

その他のマイナンバー詐欺の事例

上記以外にマイナンバー詐欺の事例として報告されている手口としては、

  • 「マイナンバー制度に伴い、個人情報を調査している」として、資産状況などを聞き出そうとされた
  • 「マイナンバー制度は手続きが煩雑。お金を支給するので振込先を教えてほしい」と依頼された
  • 「マイナンバーの手続きをしないと刑事問題になる。代行登録するので任せてほしい」と依頼された

などが報告にあがっています。

いずれも新制度に対して理解が追いついていないことに付け込もうとした悪質な手口です。特にご高齢の方は詐欺業者の標的となりやすいので気を付けましょう。

今後もこの手の詐欺事件は増加していくものと思われますので、常日頃から十分な注意を払うようにしましょう!

 

見守りサービスで高齢者の詐欺被害を未然に防ぐ?

意外に思われるかもしれませんが、見守りサービスには高齢者が詐欺被害に遭われるのを未然に防ぐ効果もあるんです。

ご高齢者が詐欺被害に遭いやすい理由として「新制度やIT機器などに対する無知をつけこまれる」「一人暮らしによる人恋しさを詐欺業者に狙われる」などが指摘されています。

当サイトがオススメしている見守りサービスの場合、定期訪問サービスが基本サービスに含まれていますので、人恋しさ・物寂しさからくる詐欺被害の防止が期待できます。

また、定期訪問の際に身の回りに不自由がないか、不審な出来事はなかったかなどのヒアリングも行いますし、各種時事情報などのアナウンスも併せて実施しています。

これにより詐欺業者が暗躍している兆候を事前把握したり、新しい情報に疎くなりがちがご高齢者を狙った詐欺行為を回避できる可能性もアップ。

あくまで副次的な効果で詐欺被害に遭わないことをお約束するものではありませんが、一人暮らしされているご高齢者さまの安全を多角的に守ることができる「見守りサービス」、この機会にご利用をご検討されてみてはいかがでしょうか?

 


関連記事:巧妙化する振り込め詐欺に注意! 自分は大丈夫という思い込みが危険です!

公開日:2015年10月8日  カテゴリー: | 関連キーワード: ,

関連記事

安心見守りサービスお問い合わせ・ご相談はこちら

資料請求はこちら

詳しい資料をご用意しています
お気軽にどうぞ!
資料請求はこちら

お問合せはこちら

些細なことでもお気軽に
お問合せください!
お問い合わせはこちら

申し込みはこちら

安心見守りサービスで
24時間サポートいたします!
お申込みはこちら
ご相談はこちら お急ぎの方はまずお電話を! TEL:0120-928-253 平日10時から16時まで
メール無料ご相談窓口
このエントリーをはてなブックマークに追加